JPSGL NEWS

2016年11月11日

No.118 第二種貨物利用運送事業認可内容の変更について

 深秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 

JPサンキュウグローバルロジスティクス株式会社(東京都中央区、代表取締役 矢野 峰男)は、

平成28年11月2日付けにて国土交通省より第二種貨物利用運送事業の事業計画および

集配事業計画の変更について認可を受けましたのでお知らせいたします。(国総国物第122号)

 

主な認可を受けた変更内容は以下の通りです。

 

(1)弊社で輸送する仕向地について、個別の記載から「TC-1、TC-2、TC-3」と

   包括的記載へ変更

 

(2)利用運送の仕立地について、現在の「東京、大阪、名古屋、福岡」の4箇所に

   「小松、鹿児島」発を追加して計6箇所へ

 

弊社ではより多様化するお客様の要望に応えられるよう輸送を行なう仕向地を増やし、

さらに小松空港や鹿児島空港を利用して北陸、南九州のお客様に弊社の

「VALUE  LOGISTICS」としての高品質な国際輸送サービスを提供できるようになりました。

 

これからも社会から信頼され、お客様に満足いただけるサービスを提供してまいりますので

ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

この件に関するお問い合わせ先:

JPサンキュウグローバルロジスティクス株式会社 企画部 03-3536-3417

PAGETOP